トップページ > 三輪研の紹介

三輪研の紹介

教員挨拶

サンプルイメージ

近年、地震やゲリラ豪雨等の自然現象だけでなく、トンネル崩壊事故等、社会の安全安心を脅かす事象が多発しています。これまで培ってきた波動応用計測技術で大いに社会の安全安心に貢献したいと思っています。当研究室は企業との共同研究も多く、より社会への結び付きの強い研究を行っています。興味ある学生の皆さん、企業様ぜひ一緒に研究してみませんか。

三輪 空司(たかし)
[miwa@gunma-u.ac.jp]
@は半角に置換して下さい

メンバー三輪研の構成員を紹介します。

教員 (准教授) 三輪 空司
博士前期
課程2年
飯野 和樹
加振レーダによる等価弾性率評価
小関 寿樹弥
フリーハンド型RCレーダ
清水 俊秀
RC床版の水平ひび割れ検知
堀内 亮太
加振レーダイメージング
博士前期
課程1年
高根沢彰兵
ドリル前方探査レーダ
松井 隼平
加振レーダによるコンクリ補修評価
山田 玲央
加振レーダによるコンクリ硬化過程評価
学部4年生 久保田僚平
加振レーダによる鋼材破断検知
中村 和弘
高周波加振レーダシステム
見山 輝竜
近距離レーダ技術
研究生 なし
ページトップへ戻る

共同研究、委託研究三輪研では外部機関との多くの共同研究を実施しています。

鹿島建設(株)
技術研究所
コンクリ内細径配線探査レーダ(2015〜継続中)
大阪大学
加振レーダによる道路床版の水平ひび割れ評価(2016〜継続中)
八戸工大
加振レーダによるコンクリートの弾性係数評価(2016〜継続中)
丸栄コンクリート工業(株)
加振レーダによるコンクリート硬化過程の評価(2017〜継続中)
東電設計(株)
加振レーダによるPC鋼破断の検知(2018〜継続中)
日立工機(株)
レーダイメージング(2018〜継続中)
東京電力(株)
東電設計(株)
加振レーダを用いた鉄筋腐食評価(2016〜2018、終了)
三倉工業(株)
簡易埋設物探査装置の開発(2017、終了)

ページトップへ戻る

三輪研沿革

2011.11〜 現在
群馬大学大学院理工学府、電子情報部門、准教授、三輪研設立、コンクリート内の鉄筋腐食、加振レーダによる劣化診断、バケット前方探査用地中レーダ、加振による超解像イメージング等の研究に従事
2005.3〜2011.10
群馬大学工学部 電気電子工学科 山越研究室 助手
超音波を用いた波動応用計測に従事、特に、生体内に励起したずり弾性波の速度を超音波により計測し、生体内の硬さを評価するシステムの開発など
1999.4〜2005.3
電気通信大学 電子工学科 荒井研究室 助手
地中レーダを世界で初めて開発した由緒ある研究室に所属、超解像アルゴリズムの地下探査レーダ計測への適用法の研究
1989.4〜1999.3
東北大学大学院 地球工学専攻 博士後期3年の過程修了
弾性波や電磁波を使った地下計測の研究室に所属、ハードウェア、ソフトウェア、フィールド実験、データ解析、信号処理と全てに携わることの大切さを学ぶ。
1989.3
徳島県立城ノ内高等学校卒

ページトップへ戻る
Copyright(C) 三輪空司 All Rights Reserved.