最新情報

あいさつ

本研究室の大きな目的は

・化石燃料に代わる新規エネルギーの創造

・地球環境の保全,環境変化の緩和

です。我々は,必ずしも答えのない問題に取り組み,そして実現可能な解を見いだしていく必要があります.この能力を,デザイン(=設計)能力と言います. 「環境エネルギー設計研究室」は,環境問題やエネルギー問題に対して,実現可能な解決策を見いだすことを目的としています.

研究手法としてはシミュレーションを基礎にしておりますが,必要であれば,実験的手法も採用していきます. 現在のところ,核融合発電を目指した磁気閉じ込めプラズマ研究,廃熱を利用した熱電変換の研究,花粉症を緩和するための花粉除去システムの研究,などを行っております. “電気電子工学科”っぽくない,とお叱りを受けそうですが,エネルギーは電気電子産業の根幹をなすものであります.現在進めている環境研究にも,電気電子技術は少なからず利用されています.

研究室としては未熟ではありますが,一生懸命頑張ります.

今後とも,ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます.

平成19年11月13日

室長 高橋俊樹